eスポーツってなんだ? 頭脳スポーツのこれからについて

頭脳スポーツやeスポーツについてここで学んでいきましょう。

日本でのeスポーツプロチーム

 最近になって日本のeスポーツに歴史的偉業とも言える事件がおきました。それは何かと言うと給与制のゲーマーが新たに誕生したのです。彼らの名はDetonatioN。「League of Legends (LoL)」部門のチームである「FocusMe」に関しては日本国内のゲーミングチームでは始めて、ゲームをすること自体が仕事になるプロゲーミングチームとして活動しているのです。今まで、こういったプロのゲームプレイヤーは生活の中で時間を見つけては、日々練習にあけくれておりましたが、これからはゲームをプレイする事自体が彼らの仕事となるのです。勿論、それが仕事ということはあまりにも長いこと戦績が振るわなければ首になってしまうかもしれませんし。あまりにもチームの和を乱し戦績に響くようでしたら首になってしまいますで誕生します。

このような度、プロゲーミングチームDetonatioN・「League of Legends (LoL)」部門のチーム「FocusMe」は、日本国内のゲーミングチームとしては初となる、ゲームをプレイすることが仕事となるプロゲーミングチームとして、新たに活躍を開始します。

 旧来、選手たちは各々の生活の中で時間を作り、日々練習に明け暮れてきましたが、これからは、「ゲームをプレイすること」が彼らの仕事であり仕事になります。

 DetonatioNは、2015年2月よりチーム「FocusMe」の選手たちへの給与支払いの他、ゲーミングハウスを設置し、共同生活の中でコミュニケーションを図り、お互いを公私共に知ることで、世界と渡り合えるチームを目指します。

 また第2チームである「RabbitFive」の選手については毎月それぞれに活躍資金を提供することとなってます。

スポーツもネットでやる時代

開発してきましたソフトウェアであるPLCラダーソフト プログラムは、弊社スタッフがきちんと設計して行っていきます。 誰にも真似出来ない技術力、アイリスがあなたがご要望とする機材を必ず完成させます!

DetonatioN FocusMeの待遇

  • スターター及びリザーブ選手への毎月給料の支払い
  • 専属アナリスト(コーチ)への毎月給料の支払い
  • ゲーミングハウス、ゲーミングオフィスの設置、他多数の支援

DetonatioN RabbitFiveの待遇

  • スターター及びリザーブ選手それぞれへの毎月活躍資金の援助

ゲーミングハウス設置に伴う支援企業

 チームFocusMeは今後の活躍および生活の場をゲーミングハウス中心に行い、その設置に伴い、各スポンサー企業様よりご支援を頂くことになっています。目下の目標は日本におけるLJLというプロリーグにて勝ち抜くこととなっており、これからは、DetonatioN FocusMeおよびDetonatioN RabbitFiveはまず、2015年のLJL(日本の本格LoLプロリーグ)を勝ち抜くことが最初の目標で、彼らの日々の「仕事」となってます。

 日本初のフルタイム・給与制ゲーマーという注目の中、その責任を彼らがどのように果たしていくのか。LoL日本サーバの本格始動により世界への道が開けようとしている今、選手への重圧と彼らのその「未来」への希望は想い測るに余りあります。

マルチゲーミングプロチームDetonatioN 概要

 2012年にPCゲームチームとして設置。その後、「世界と渡り合えるチーム」を目標に、世界のe-Sportsシーンでも人気タイトルである、「League of Legends」、「STARCRAFT2」、「World of Tanks」、「BATTLEFIELD 4」、「大乱闘スマッシュブラザーズ」のトップレベルのチームや選手を迎え入れ、マルチゲーミングチームとして範囲広い活躍を展開。様々なイベントや大会を通し、ゲーム最強国家日本のアイデンティティをPCゲームでも達成すべく、日々選手たちが活躍しています。

DetonatioN FocusMe 紹介

 2013年4月、DetonatioNへ加入。2014年9月、LJL(League of Legends Japan League)において日本一に輝く。日本のFakerと呼称される最強Mid・Ceros選手と同じく国内最強のADCと呼び声の高いYutapon選手を基軸にチームが構成されています。

実績

  • LJL 2014 Grand Championship 優勝
  • LJL 2014 Summer Season 優勝
  • LJL 2014 Spring Season 優勝
  • JCG 2014プレミアリーグSeason2優勝
  • e-SPORTS SQUARE Vプリカ大会 準優勝
  • 2014年アジア最大のゲームショウ「ChinaJoy」(中国)遠征

メンバー

TOP  : DeT FM BonziN(Keisuke Oda)

JUNGLE : DeT FM Astarore(Yuta Hiratsuka)

MID  : DeT FM Ceros(Kyohei Yoshida)

ADC  : DeT FM Yutapon(Yuta Sugiura)

SUPPORT: DeT FM Arden(Yusuke Suga)

Reserve: DeT FM Yumenoti(Soizumi Ryuki)

Reserve&Analyst : DeT FM KazuXD(Kazuta Suzuki)

DetonatioN RabbitFive 紹介

 2013年9月にFocusMeの兄弟チームとして設置。LJL2014 のチャレンジャートーナメントに2度優勝するも、惜しくも本リーグへの出場を逃す。しかしその実績を評価され、LJL2015へ招待チームとして参戦決定。今年RabbitFiveは国内のリーグで旋風を巻き起こすと予想されます。

実績

  • LJL 2014 Challenger Tournament Summer優勝
  • LJL 2014 Challenger Tournament Spring優勝
  • LJL予選トーナメント 準優勝

ゲーム脳ですか?

メンバー

TOP   :DeT RF Moyashi(Yuta Noguchi)

JUNGLE :DeT RF Awaker(Kentaro Hanaoka)

MID   :DeT RF Estel(Sho Takahashi)

ADC   :DeT RF Zerost(Shotaro Ikeda)

SUPPORT :DeT RF 7kane1(Motoki Asanuma)

Reserve :DeT RF Evi(Shunsuke Murase)

Reserve :DeT RF Rusty(Naoto Hatakeyama)

Reserve :DeT RF Shinmori(Sho Shinmori)

国内チームの躍進は果たしてどうなるのか?

 国内初のプロゲーミングハウスの設立に界隈が賑わっておりますが、実際問題それがイースポーツの発展につながるかどうかに関しては難しいところがあるかと思います。なぜなら、日本ではやはりプロゲーマーに対して「ただ長い時間遊んでいるだけの人」という偏見や風評がとてつもなく強く、またゲーム自体が「空想のことに熱くなりすぎて不健全」だというイメージがあるという問題もあります。(それならドラマや映画に入れ込むのも問題ありそうですが)その発端となったのはなんといっても森昭雄という人物が書いたトンデモ本「ゲーム脳の恐怖」という本の影響によるものが非常に大きいような気がしています。