eスポーツってなんだ? 頭脳スポーツのこれからについて

頭脳スポーツやeスポーツについてここで学んでいきましょう。

MOBAもeスポーツの中では熱い!

 MOBAとはマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナの略で、これまではDOTA系と呼ばれていたゲームのジャンルです。有名なゲームはウォークラフトやリーグオブレジェンド、DOTAなどがありますが、その多くは登場するキャラクターの能力が違うくらいで、基本的なルールや戦略は似通っています。これはRTSのサブジャンルとも言えるもので、プレイヤーが二つのチームに分かれて、RTSのようにキャラクターを操作し、味方のプレイヤーと協力しながら敵の本拠地を破壊して勝利を目指すスタイルのゲームで、RTSと明確に違うのは操れるユニットが一つのキャラクターであることと、武器、レベル、所持金といったRPGのような成長要素があり、それぞれのキャラクターにあった、はたまた敵チームのカウンターとなる武器や防具を装備するなどといったビルドの戦略性があるのです。さらにマップを見て状況を明確に判断して決断をこなしたり、敵を撃破するためにチームで連携したりといった様々な面白い要素があるスポーツとなっております。

歴史

 Blizzard社から発売されたRTSゲームStarCraftにはAeon of Strifeと呼称されるカスタムマップが存在し、それは資源の発掘や基地の建設といったような伝統的なRTSの中心要素が取り除かれ、プレイヤーはたった一つのユニットを操作して敵本拠地を破壊するというものがありました。既存のRTSとは大きく異なったアクションRPGのようなプレイ感覚が話題となり、その後、同社から2002年に発売されたWarCraft3にはWarcraft3 World Editorというツールが付属していて、ユーザーがマップやシナリオを自由に製作できたため、Eul、Guinsoo、IceFrogらによって Aeon of Strife を基にし、より先進的なグラフィックやゲームシステムを持つWarCraft3のMODとしてDefense of the Ancients (略称DotA) が作られ、2003年にリリースされました。

 この時点でRTSのような操作インターフェースやゲーム展開、RPGのようなレベルや武器防具といったような要素を持つ自キャラ、アクションRPGのような特殊能力を駆使して敵と戦うというプレイ感覚といったようなMOBAと呼称されるジャンルの中心要素は完成し、DotAとその改良版であるDotA: Allstarsは大好評を博し、国際的な賞金トーナメントが開催されるまでになったのでした。2006年に設置されたRiot Games社はDotA製作者の一人であるGuinsooを雇用し、2009年にLeague of Legends (略称LoL) を発表しました。LoLはDotAの中心要素はそのままに、複雑なルールの簡略化や変更、拡張を行い、プレイヤーの力量を数値化するレーティングシステムとそのレーティングが近いもの同士でプレイできるオートマッチングシステムを導入し、ゲームプレイの敷居を大きく下げて、Free-to-playでゲーム運営を行ったことから、それまで熱狂的なヘビーユーザーのものであったDotAのようなゲームをカジュアル化することに成功しました。

 LoL発表より後は類似のゲームが多数製作され、それらは「DotA系」や「DotAクローン」と呼ばれていて、一種の流行を形成し、LoLは2012年でヨーロッパと北米で最もプレー時間が長いゲームにまで成長しました。

 Valve社は2009年にIceFrogを雇用、2010年にDotA2の製作を発表しました。これを受けてBlizzard社は裁判所に商標権使用の異議を申し立てましたが、DotAはアマチュアクリエーターのMODであるという出自のためBlizzard社は商標登録をしておらず、最終的にValve社は商業的に「DotA」という名称を使用でき、その代わりにBlizzard社はファンコミュニティにおいて「DotA」を非商業的に使用できるが、開発中のBlizzard DotAをBlizzard All-Starsに名称を変更するという和解に至りました。

 これにより、商標権を侵すような場で「DotA」という用語は使用されなくなり、現在ではかつて「DotA系」と呼ばれていてたゲームやジャンルはMOBAと呼称されるようになっています。

スポーツもネットでやる時代

ルールの詳細

 MOBAでの一般的なマップでは、右上と左下に本拠地、黄色の直線がレーン(左上からトップ、ミドル、ボトム)、レーン上の緑の丸がタワー、グリーンの三角がジャングルという設計になっています。

目的

 プレイヤーは2つのチームに分かれ、敵チームの本拠地を破壊するか敵チームがギブアップすることで勝利となってます。

ゲームの流れ

ヒーローの選択

 ゲーム開始前にプレイヤーは自分の操作するヒーローを選択します。同一チームでヒーローの重複は認められないので、使いたいヒーローがあるケースはチャット等でチームメイトと質問をします。

 ヒーローには攻撃が得意だったり、防御が優秀、補助能力が豊富、早熟、大器晩成等の特性があるので、チームとしてどのようなヒーローを選択したかで後のゲーム展開にでっかい影響を及ぼす。

ゲーム脳ですか?

序盤

 初期の所持金を使用してアイテムショップから回復アイテムや武器防具を購入し、味方プレイヤーはそれぞれトップレーン、ミドルレーン、ボトムレーン、ジャングルへ向かいます。使用するキャラによって最初に購入するアイテムや向かうべきレーン、レーンごとの人数の割り振り等様々な戦略が存在し、それなりに定石があるのですが、プロの思いついた新たなメタゲームによってそこはコロコロと変わることがあります。序盤では基本的にヒーローの体力や攻撃力が低めので、主に敵ミニオンや中立モンスターを倒すことでレベルアップを行ったり(ファーミング)、所持金を増やしてより強力なアイテムを購入し、戦力を増強したり、一度他のプレイヤーがいるレーンまで出向いて多人数で突然の奇襲を仕掛けたり(ギャンク)、敵プレイヤーのヒーローを牽制攻撃(ハラス)してゲーム展開を有利にしようとしたりします。

中盤

 アイテムが一通り揃いはじめ、レベルアップによって強力な能力も使えるようになってくると、早熟型のヒーローの場合だと、敵ヒーローを倒すことができるので、大器晩成型の敵ヒーローを倒しに行ったり、敵陣のタワーを破壊することでゲームを有利に運ぼうと、1対1や2対2等といったような小規模戦が発生し始めます。チーム同士の技量差や相性差が大きいケース、このような時点でゲームの勝敗が決するケースもあります。大器晩成型のヒーローを使用している場合、できるだけ死なずにレベルアップをして終盤に備えることとなります。

終盤

 ヒーローの能力を最も発揮するアイテムが揃い、高レベルでヒーローの特性もはっきりとしてくるのでより有利に戦うためチームがまとまって行動します。その為、5対5のような集団戦が発生し、結果どちらかのチームが全滅、復帰までの待機時間中に本拠地が破壊されることで勝敗が決します。

MOBA系ゲームの魅力!

 まずなんといっても、このジャンルのゲームの殆どが無料だということが一番の魅力だといえます。それぞれのサービスはプロの試合の観戦をチケット制にして販売したり、はたまたアバターや、名前の変更といったゲーム性に関係ない要素に関して課金を設定していることなどがあります。そして、やはりその新ジャンルとしての面白さというものがあるかと思います。ムービーゲーだと一度やれば十分ですし、狩りゲーだと考えることが少ないのと最終的に作業になってしまうので、飽きてしまうということもあります。更にRPGゲームだと基本的に終りがあるゲームですし、MMO RPGなどですとレベリングや装備の差が物をいうことが多いのでプレイ時間がながければ長いほど強いといったプレイの実力が全く関係ないものになっています。このMOBA系のゲームですとゲームへの理解もさることながら様々なテクニックと戦術、そして状況判断などが問われるため、何千何万回とプレイしようと同じゲームになることが無く、チェスや将棋のようにハマリこめる要素と、複数人でプレイできるチーム性から、まれに見るヒットジャンルとなっているのでしょう。